MENU

ジスロマック,アジー,通販,購入,市販,副作用,効果,即日

男性の梅毒の感染経路と症状とジスロマックでの治療方法

ジスロマック,アジー,通販,購入,市販,副作用,効果,即日

 

梅毒は、螺旋状の赤く見えるグラム陰性の真正細菌の一種である梅毒トレポネーマに感染する事で発症する性行為感染症とされ、感染病変部分があるとエイズウイルスなどの感染リスクが数倍に跳ね上がります。

 

男性は、母子感染による垂直感染で先天性梅毒を発症するケースもありますが、通常のセックスやアナルセックス、オーラルセックスなどにより皮膚や粘膜の小さな傷から血液中に病原菌が侵入し全身に広がります。

 

しかし、口腔内に感染病変患部がある場合にはキスでも感染してしまう症例もあります。

 

症状は、感染3週間後、感染3ヵ月後、感染3年後と変化するとされ4期に分類されていますが、顕著な症状の出ない無症候性の症例もあります。

 

感染から3週間後の第1期は、陰部や口腔内、口唇部など病原菌の梅毒トレポネーマが侵入した部位に中心部の硬い硬性下疳と呼ばれるしこりを発症したり、太ももの付け根のリンパ節が痛み無く腫れる横痃を発症しますが、2週間〜3週間で症状が消失します。

 

ジスロマック,アジー,通販,購入,市販,副作用,効果,即日

 

感染から3カ月後の第2期は、丸くピンク色の薔薇疹が全身に発症すると共に全身のリンパ節が腫れ、発熱や倦怠感、関節痛、脱毛などの症状を発症しますが、症状が消失し数十年にわたる不顕著性感染期に入る症例もあります。

 

感染から3年後の第3期は、皮下組織や筋肉、骨などにゴムのような腫瘍である結節性梅毒疹を発症します感染から10年経過した第4期の末期には、臓器や脳、脊髄、神経など全身に腫瘍が形成され、進行性の大動脈拡張を主体とする心血管梅毒、進行麻痺や脊髄癆、麻痺性痴呆等の神経梅毒などを発症します。

 

梅毒の治療は、男性の場合男性なら泌尿器科や皮膚科、性感染症科を受診し、一般的にはバイシリンGやアモキシシリンなどのペニシリン系の抗生物質が投与されていますが、ペニシリン系の抗生物質に対してアレルギーを示す患者に対しては塩酸ミノサイクリンなどのテトラサイクリン系の抗生物質が投与され、医療機関によってはクラミジアに有効とされるジスロマックを投与するケースもあります。

 

抗生物質の投与期間は、第1期は2週間〜4週間、第2期が4週間〜8週間、第3期以降は8週間〜12週間とされています。

 

>>ジスロマックが安全に通販出来るサイト

 

ジスロマックTOPへ

このページの先頭へ